贈られる方に合った古希祝い

buy919千葉県 I様

お父さんの古希祝いとして作られています。今や日本の男性の平均寿命は80歳を迎えようとしています。年々右肩上がりに伸びてきていますが、1960年今から50数年前は65歳が平均寿命でした。その当時は古希まで生きる事はその名「古稀祝い」の通り「稀」だったと思います。それから50数年が経過して、80歳を迎えようとしているのです。古希に対する考え方も変わるはずです。お元気でお酒も召し上がられる方もいると思います。何もお年より扱いしたプレゼントを贈る必要はないと思います。それぞれの方にあったプレゼントを贈るべきではないでしょうか。旅行であったり、豪華なお食事であったり、ご趣味の道具であったり、それは贈られる方のお気持ちを考えたものがベストではないでしょうか。ウイスキーなどのお酒をお好きな方でしたら、この商品のように、お祝いのメッセージを彫刻した贈り物も素敵ではないでしょうか。皆さんから「粋」な贈り物として好評を頂いております。ご予算に余裕があれば、バカラグラス(アルルカン)にイニシャルと記念日を彫刻されて、セットでプレゼントされても素敵だと思います。その方にあったご長寿のお祝いのプレゼントをされて、これからも、ますますお元気で過ごしていただけるように、楽しい人生を送っていただきましょう。

«                      »